• 印刷する

大戸屋、FC契約解消で直営に切り替え

和定食チェーン「大戸屋ごはん処」を展開する大戸屋ホールディングス(東京都武蔵野市)は27日、ベトナムにおけるフランチャイズ契約を解消すると発表した。ホーチミン市の1店舗は、直営に切り替えて運営を継続する。

同社は2014年6月、ハノイに本社を置き化粧品・日用品の販売や飲食事業などを手掛けるMESAアジア・パシフィック・トレーディング・サービシズとフランチャイズ契約を締結。15年7月に、サイゴン大教会やサイゴン中央郵便局にほど近い1区グエンズー通りにベトナム1号店をオープンした。

4月下旬にもMESAとのフランチャイズ契約を解消する予定で、ホーチミン市の1店舗は、大戸屋ホールディングスが昨年9月に設立した連結子会社ベトナム大戸屋が運営を引き継ぐ。大戸屋ホールディングスは、「昨今の経営環境を鑑みてフランチャイズ契約を解消することにした」としている。

同社の担当者はNNAに対して、「メニューや価格はこれまで通り継続していく」と説明。今後のベトナムにおける出店計画については、「具体的な予定があれば追って発表する」と述べるにとどめた。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

東南アジアの駐在コスト増加 通貨高が影響、今年も上昇基調(05/24)

中古機械の輸入、細則発表へ 製紙や木材加工の機械で規制緩和(05/24)

日野、ハノイ工科大など2校にトラック寄贈(05/24)

共有オフィス普及速度、HCM市が世界41位(05/24)

未成約不動産、上位20社で年初から10%増(05/24)

サオマイ、デンマーク企業と米穀事業で覚書(05/24)

印が越製の電子印刷用品、反ダンピング調査(05/24)

木材・木工品の輸出額、1~3月は16%増(05/24)

中鋼傘下とFHS、越でコールタール処理工場(05/24)

輸入セメントに追加関税も、ベトナムは反発(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン