• 印刷する

《日系進出》小倉クラッチ、砂永の東莞子会社を買収

産業用クラッチなどの製販を手掛ける小倉クラッチ(群馬県桐生市)は27日、砂永樹脂製作所(群馬県太田市)の香港子会社が全額出資する中国子会社を買収すると発表した。持ち分の全てを取得し、完全子会社化する。取得額は非公表としている。

中国子会社の名称は砂永精工電子(東莞)で、2004年3月の設立。資本金は306万8,000米ドル(約3億3,900万円)。広東省東莞市に本拠を置き、OA機器用クラッチの製販を手掛けている。

小倉クラッチは買収の目的について「OA機器用クラッチの生産拡大とコスト削減のため」と説明した。契約の締結日はきょう28日、持ち分譲渡の実行日は来月1日をそれぞれ予定している。


関連国・地域: 中国-広東香港日本
関連業種: その他製造金融

その他記事

すべての文頭を開く

チャウピュー特区、事業費は300億ドル規模(02/21)

エイサー、サプライチェーン断裂の心配なし(14:10)

ホンダの武漢工場、再開は3月11日以降に(02/22)

航空各社が運航見直し、新型肺炎流行で(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(14:34)

累計89人、新たに3人(22日正午)(12:09)

完全外出禁止は77人(19日正午)(02/21)

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

出稼ぎ労働者の復帰で対策 専用列車、拡大防止と再開支援(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン