• 印刷する

テイクオフ:花冷えが終わり、間もな…

花冷えが終わり、間もなく春が本格的に到来する。韓国で花見の名所で知られているソウル・汝矣島では、4月5日から11日までの7日間桜祭りが開催される。週末に開かれるイベントも、芸能人の共演など見どころが満載。汝矣島の桜祭りは、1912年に日本から3,000本の桜の木が送られたのがきっかけで始まった。

桜が咲き乱れた歩道を歩きながら、多様な展示会や食べ物を楽しむのが韓国流の花見だ。桜祭りの区間に指定された場所は、車の出入りが規制される。色とりどりのライトに照らされる夜桜も、昼とは一味違った趣だ。ソウル以外では、鎮海軍港祭(慶尚南道)や全州韓屋村(全羅北道)などでも満開の桜を楽しむことができる。

華やかに咲いて一瞬で散ってしまう桜。韓国の人は桜を見ながら春を満喫することで、日常の癒しを得ているようだ。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

対中関税でサムスンに競争力、アップル懸念(17:12)

サムスン、希少疾患向けバイオ後続品開発へ(18:25)

ソウルの光化門や梨泰院、空き店舗が急増(17:12)

韓国人男性の遺体発見、バガンのパゴダで(18:29)

テイクオフ:8月14日に公開された…(08/19)

素材国産化、環境規制が鍵 厳格ぶり際立つ、日系にも負担(08/19)

家計向け融資が急増、負債デフレの懸念増大(08/19)

プノンペン商銀、上半期決算は28%増益(08/19)

企業銀行がIBKインドネシア銀行を設立へ(08/19)

日本人の観光ビザ免除、10月以降も延長(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン