• 印刷する

テイクオフ:花冷えが終わり、間もな…

花冷えが終わり、間もなく春が本格的に到来する。韓国で花見の名所で知られているソウル・汝矣島では、4月5日から11日までの7日間桜祭りが開催される。週末に開かれるイベントも、芸能人の共演など見どころが満載。汝矣島の桜祭りは、1912年に日本から3,000本の桜の木が送られたのがきっかけで始まった。

桜が咲き乱れた歩道を歩きながら、多様な展示会や食べ物を楽しむのが韓国流の花見だ。桜祭りの区間に指定された場所は、車の出入りが規制される。色とりどりのライトに照らされる夜桜も、昼とは一味違った趣だ。ソウル以外では、鎮海軍港祭(慶尚南道)や全州韓屋村(全羅北道)などでも満開の桜を楽しむことができる。

華やかに咲いて一瞬で散ってしまう桜。韓国の人は桜を見ながら春を満喫することで、日常の癒しを得ているようだ。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

19年成長率2.5%に減速へ 韓国銀行見通し、輸出と投資不振(04/19)

韓国銀行、政策金利1.75%で据え置き(04/19)

スマホ決済市場が拡大、今年100兆W超予想(04/19)

中小企業向け株式市場、今年の上場まだ1社(04/19)

消費が減少傾向鮮明に、所得増も=新韓銀行(04/19)

韓国の電子部品メーカー、越で機械設備取得(04/19)

起亜自がEVコンセプトカー、NYショーで(04/19)

現代自、ジェネシスにV2X機能を搭載(04/19)

リコー、韓国のX線検査装置企業と合弁(04/19)

LG電子、レストラン向けにロボット開発へ(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン