• 印刷する

発電容量の増加率、20年ぶりの低水準

インドの本年度(2018年4月~19年3月)の発電容量増加率は、2月末時点で前年度末時点から1.8%増と、約20年ぶりの低水準にとどまっていることが分かった。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が25日に伝えた。

新規稼働した発電所の容量から運転を停止した施設の発電量を引いた増加量は、2月末時点で616万キロワット(kW)。燃料別では特に火力発電の伸びが小さく、2月末までの増加量は2万1,000kWにとどまった。本年度は再生可能エネルギーの増加量も少なく、1月までの10カ月で603万3,000kWとなっている。

一方、18年4~12月に運転を終了した火力発電設備は、インド火力発電公社(NTPC)が運営するニューデリーのバダルプール発電所など5カ所の14基(総発電容量177万9,000kW)だった。

こうした状況を受け、地場証券大手ICICIセキュリティーズ(ICICI証券)は先に発表した報告書で、22/23年度以降に国内のピーク時の電力需給が逼迫(ひっぱく)する可能性があると指摘している。


関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド経済に関するデー…(09/23)

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

法人減税で民間投資の促進へ 1.5兆ルピー規模、財政悪化の懸念も(09/23)

南部に医療インフラ拠点、日本輸出で初(09/23)

エーザイ、抗がん剤の販売で米マイランと提携(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

日通が地場同業に22%出資、国内物流を拡大(09/23)

国道公団、用地未取得の事業打ち切りへ(09/23)

マルチスズキ、祭事期に小型SUV投入(09/23)

タタ、5車種で装備充実の「プロ」仕様導入(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン