• 印刷する

男女平等推進度ランク、地場企業が上位5位独占

公益財団法人「笹川平和財団」は22日、シンガポール、日本、香港の上場企業を対象とした男女平等の推進度ランキング上位100社を発表した。1~5位をシンガポール企業が独占し、3カ国・地域の中でも特に女性の経済的活躍が目立っている。

調査は、同財団の依頼を受けたオランダの男女平等推進団体エクイリープが実施。3カ国・地域に本社を置き、時価総額が20億米ドル(約2,200億5,300万円)を超える計745社を対象に◇取締役会の男女比率◇男女の賃金格差◇育児休暇◇男女差別のない雇用――など19項目を指数化した。

上位100社に入ったシンガポール企業は20社となり、3カ国・地域の中で最も少なかった。香港は56社、日本は24社。ただ上位10社中7社をシンガポール企業が占めている。

1位は通信大手スターハブ。これに不動産開発大手UOLグループ、工業物件を対象とする不動産投資信託(REIT)のアセンダスREIT、不動産開発大手キャピタランド、通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)が続いた。さらにREITのメープルツリー・インダストリアル・トラスト(MIT、9位)、金融最大手DBSグループ・ホールディングス(10位)が10位以内にランクインしている。

このほかシンガポール企業ではケッペルREIT(20位)や新聞・出版大手シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH、22位)が比較的上位に付けている。

日本企業では6位の資生堂、香港企業では7位の大手商社の利豊(リー&フォン)がそれぞれ最高位だった。

国・地域別の平均指数は、シンガポールが42.3となり、日本(35.4)、香港(29.4)を大きく上回った。ただ世界全体(53.0)の水準には届いていない。


関連国・地域: 香港シンガポール日本欧州
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

完全外出禁止は77人(19日正午)(02/21)

OCBC銀の通期決算、3年連続最高益(02/21)

複合セムコープ、10~12月期は赤字転落(02/21)

シンガポールドル急落、3年9カ月ぶり安値(02/21)

UOB銀の通期決算、8%増益で過去最高益(02/21)

通信スターハブの通期決算、4期連続の減益(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

卸売り販売額17%低下、3年半ぶり下落幅(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン