【EV化に挑む】二大ニッケル産出国に明暗 製錬所誘致、隣国先行で比に焦り

世界のニッケルの二大産出国であるフィリピンとインドネシアの製錬業集積で、明暗が分かれている。未加工鉱石の禁輸措置を実施したインドネシアには、中国や日本の大手金属メーカーの投資が相次ぐ。一方、フィリピンでは近年、目立った投資の動きはなく、出遅れは鮮明だ。電気自動…

関連国・地域: 中国インドネシアフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属その他製造建設・不動産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:聖週間(ホーリーウイー…(04/23)

財閥10社、18年は15%増収 純利益に明暗、原油高響く(04/23)

資料:18年の財閥および大手複合企業の業績(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

バナナ輸出協会、日本の検疫強化に懸念(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

農業省、肉過剰受け輸入制限を検討(04/23)

フィリピン証取、年内に空売り規制解除へ(04/23)

22日為替:$1=52.040ペソ(↓)(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン