• 印刷する

二重国籍認めず、国籍選択を要求へ=内相

マレーシアのムヒディン・ヤシン内相は21日、現時点で二重国籍を持つマレーシア人ついて、国籍選択を迫る方針を明らかにした。22日付スターが伝えた。

ムヒディン内相は、クランタン州とタイ国境付近に住むタイ人が1980年ごろからマレーシアとの二重国籍を取得し、必要な審査を受けずに国境を自由に通行しているとの地元報道を受け、会見で見解を示した。

同相は「二重国籍は法律で認められていない」とした上で、「権利と市民権にかかわる問題であり、証拠が必要だ。他の国籍を保有していることが判明した場合、マレーシアの市民権を剥奪することができるが、調査は関連する証拠に基づかなければならない」と述べた。

ムヒディン内相はまた、他国の投票権行使や旅券取得など、他国の市民権保有者が享受する権利や特権を行使した場合もマレーシア国籍の喪失理由になるとした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:8月に長男を出産し、新…(10/16)

新自動車政策、年内発表へ 恩典明文化されるか焦点(10/16)

トヨタ、カローラアルティス新型モデル発売(10/16)

超富裕層への課税強化、1億リンギの税収増(10/16)

政府債務保証に上限設定、監査局が提言(10/16)

M&A取引件数、20年は221件に増加予測(10/16)

会社委員会の登記番号、11日から12桁に(10/16)

ペトロナスケミ、サイパークとごみ発電へ(10/16)

【グラフでみるASEAN】対日貿易(8月) 輸出が5カ国でマイナス、下落率最大はシンガポール(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン