• 印刷する

社会保険料、4月から月額給与12%に上げ

フィリピンの社会保険機関(SSS)の保険料率が4月から引き上げられる。月額給与に対する事業主と本人の負担割合は、現行の11%から12%に変わる。標準月額報酬は現行の下限1,000ペソ(約2,120円)、上限1万6,000ペソが、それぞれ2,000ペソ、2万ペソに引き上げられる。地元紙ビジネスワールドなどが伝えた。

保険料率の改定は、2月に成立した新社会保険法の施行に伴う措置。現在は事業主が7.37%、本人が3.63%を負担しているが、4月以降は事業主が8%、本人が4%を負担することになる。

月給1万ペソの従業員の場合、事業主の負担額は63ペソ増えて800ペソに、本人負担は37ペソ増えて400ペソになる。

SSSは、保険料率を2年ごとに引き上げ、25年に15%とする計画で、同年には事業主負担が10%、本人負担が5%になる。

SSSのアローラ・イグナシオ担当官は、「保険料の引き上げは年金基金を運営するために必要。加入者の理解を得られると思う」とコメントした。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

テイクオフ:3月末にフィリピンの夏…(04/17)

セブンイレブンが2500店突破 12%増、コンビニ業界リード(04/17)

19年度国家予算が成立、大統領は一部拒否(04/17)

20年度予算は9%増の4.1兆ペソ、政府方針(04/17)

ケソン市、認可手続き電子化で3団体と覚書(04/17)

持続可能性報告、来年から上場企業に義務化(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン