外食マックス、18年は8%増収

フィリピンの外食大手マックス・グループが発表した2018年決算は、売上高が前年比8%増の136億8,000万ペソ(約290億円)、税引き前利益が28%増の9億1,600万ペソだった。うちレストランでは直営店24店舗の新規開業により売上高が8%増の113億ペソとなった。純利益は前年から1%…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

外出制限、段階解除か 経済優先、感染防止策は維持(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

食料品店は12時間営業を、大統領府(04/03)

比、7歳女児が死亡(04/03)

新型コロナ感染者2633人に、死者は107人(04/03)

仮設の隔離施設、12日までに3カ所完成(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

マカティ市の病院が遠隔診療、ペイマヤと提携(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン