国際特許、アジアが過半数=18年出願

【ジュネーブ共同】世界知的所有権機関(WIPO)が19日発表した世界の企業などによる2018年の国際特許登録の出願件数は、地域別でアジアが50.5%と初めて過半数を占めた。欧州24.5%、北米23.1%となり、WIPOのガリー事務局長は「技術革新分野で西から東へと歴史的な移動が…

関連国・地域: 中国日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

1月の輸出受注、12.8%減 11カ月ぶり2桁減、2月も低迷へ(02/21)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

スズキ四輪、4年ぶり参入か 複合ナザと代理店交渉=地元報道(02/21)

JALUXが首都空港に免税店を開設(02/21)

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

テイクオフ:1人の大蔵省(現財務省…(02/21)

香港市民の訪日旅行に暗雲 新型肺炎影響、3~4月に減少か(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

クルーズ船の香港住民、チャーター便で帰還(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン