• 印刷する

タカフル損保、19年は6~7%に成長減速

マレーシアの信用格付け会社、RAMレーティング・サービシズは、タカフル損害保険(イスラム損害保険)の今年の保険料収入が保険料自由化や経済成長鈍化の影響で前年を下回る6~7%の伸びにとどまるとの見方を示した。ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。

タカフル損害保険の昨年の保険料収入は前年比8%増の28億リンギ(約764億円)だった。

一方、タカフル家族保険(生命保険に相当)の今年の保険料収入については、7~9%の伸びを見込んだ。

RAMは「短期的に成長速度は鈍化するが、長期的にはマレーシアの顧客層や低い保険普及率、イスラム教徒が多数を占める大衆市場への周知などが成長を下支えする」と指摘した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

ペナン州の交通整備計画、4Qまでに着工(12:16)

感染拡大懸念も対策講じず 企業は各自予防、原料調達影響も(02/17)

テイクオフ:熱帯雨林気候のマレーシ…(02/17)

景気刺激策を27日発表 新型肺炎対策、100億リンギ超も(02/17)

マレーシアに再検討要請、乗客感染に困惑(02/17)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(16日正午) 世界で感染拡大、欧州で初の死者(02/17)

首相禅譲時期を21日に決定へ、11月以降か(02/17)

RM1=26.5円、$1=4.14RM(14日)(02/17)

製造業者連盟、中国から資材不足に注意喚起(02/17)

農園ゲンティン、サバ州合弁工場の全株取得(02/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン