• 印刷する

テイクオフ:会いに行けるアイドルな…

会いに行けるアイドルならぬ、会いに行ける大臣――。フィリピンの大臣たちをひそかにこう呼んでいる。アジア各国を回ってきた記者いわく、各所に大臣が出没するこの国は「特殊」。なかには軽くあしらう塩対応大臣もいるのだが、大抵は親しみやすく対応も早い。

取材の帰り、「おう日本の記者さん」と話し掛けてきた中年男性と世間話で盛り上がった。誰だか思い出せないまま、「いつでも連絡してきてくれ」と小粋に去って行った相手が、ある省の大臣だったと知ったのは後になってから。迅速な連絡手段も抵抗なく入手できてしまうのが、またもやこの国らしい。大臣に限らず、政府関係者や企業でも同じだ。

適度な寛容さは、裏を返せば欠点とも非難される。一方で、この義理人情の厚さには何度も助けられてきた。判を押したような対応だけがまっとうなやり方とも限らない。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝テレビを付けると20…(11/12)

進む高齢化、地域共生で対策 東南ア「発展途上の老い」(上)(11/12)

完成車輸入に制限措置要請 100万台流入、雇用損失を危惧(11/12)

三菱自、累計生産が70万台に(11/12)

FDI純流入額、1~8月は40%減=中銀(11/12)

基準外鋼材流入で実態調査へ、貿産省(11/12)

フェデックス、ア太地域拠点の移転否定(11/12)

実業家ルシオ・タン氏の息子が死去、53歳(11/12)

共用通信塔の建設進む、年内に500基着工(11/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン