• 印刷する

テイクオフ:会いに行けるアイドルな…

会いに行けるアイドルならぬ、会いに行ける大臣――。フィリピンの大臣たちをひそかにこう呼んでいる。アジア各国を回ってきた記者いわく、各所に大臣が出没するこの国は「特殊」。なかには軽くあしらう塩対応大臣もいるのだが、大抵は親しみやすく対応も早い。

取材の帰り、「おう日本の記者さん」と話し掛けてきた中年男性と世間話で盛り上がった。誰だか思い出せないまま、「いつでも連絡してきてくれ」と小粋に去って行った相手が、ある省の大臣だったと知ったのは後になってから。迅速な連絡手段も抵抗なく入手できてしまうのが、またもやこの国らしい。大臣に限らず、政府関係者や企業でも同じだ。

適度な寛容さは、裏を返せば欠点とも非難される。一方で、この義理人情の厚さには何度も助けられてきた。判を押したような対応だけがまっとうなやり方とも限らない。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:19歳少年の快挙である…(10/17)

電力供給にリスク再び 認可停滞、事業環境改善かすむ(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

南北通勤鉄道、新工事区間に6社応札(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

経済区庁と経済界、税制改革巡り意見調整(10/17)

複合メトロパシ、GICなどが増資引き受け(10/17)

石油規制緩和法の改正、エネ省が閣議提案(10/17)

ケソンの超臨界圧火力発電所、正式稼働(10/17)

国営石油子会社トップ、事実上の解任(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン