ヤマハ発が農業参入本格化、異業種提携

【共同】ヤマハ発動機が農業分野への参入を本格化させている。農家が担い手不足や高齢化に直面する中、ITやロボット技術を活用する「スマート農業」で異業種と提携した。自社開発した農薬散布用の小型無人機ドローンも生かし、今後の農作業の基盤作りを目指す。 ヤマハ発は1988…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン駅開発で住商に打診 中国企業が連合脱落、再協議へ(09/19)

日米が車とコメで双方譲歩、来週首脳会談(09/19)

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

観光業界、値下げ相次ぐ 社会混乱で需要減、回復に時間(09/19)

マツキヨが北中部で出店加速 台中に1号店、10年で100店舗へ(09/19)

HV・EVの新規登録が好調 前年超え確実、価格減と車種増で(09/19)

日本を輸出優遇国から除外 事実上の対抗措置、対立深まる(09/19)

トヨタがテキサスの工場刷新へ、420億円投資(09/19)

公共インフラ継続が追い風に 住友建機、長期的な成長に期待(09/19)

フエ病院に聴覚検査ルーム、リオンが支援(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン