• 印刷する

首都北部に浄水場新設、22年稼働見込む

カンボジア政府は、今年末にも首都プノンペン北部のチュロイチョンバー区に3億5,000万米ドル(約390億円)を投じ、新たな浄水場の建設に着手する。工期は3年9カ月で、2022年の稼働を予定。現在国際入札を進めている。ニュースサイトのカンボジア中文社区が伝えた。

新浄水場の建設は、水道需要の増大に対応したもので、最終的に毎日40万立方メートルの供給を見込む。工事は2期に分けて進める。第1期では2億3,000万米ドルを投じ、完成後は20万立方メートルの供給が可能となる。

財源にはフランス開発庁(AFD)、欧州投資銀行(EIB)からの援助、プノンペン水道公社(PPWSA)の予算が充てられる。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ポーサットの太陽光発電、試験運用開始(09/24)

中国系企業、南部の鉄鋼加工工場を年内稼働(09/24)

1~7月の対米輸出額、24%増の34億ドル(09/24)

太陽光発電、21年に372MW拡大=電力公社(09/23)

4~6月は5割減、消費者の借入申請数(09/23)

タイ路線も承認、国際定期便が続々再開(09/23)

アンコール航空、首都―中国鄭州市便を開設(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン