• 印刷する

テイクオフ:映画館で、今月に「国際…

映画館で、今月に「国際女性の日」があったか、と思い出す。米マーベルの映像作品で初の女性単独主人公とうたう映画をはじめ、女性の活躍にスポットライトを当てた作品が目立つ。むずがゆさも感じながら、米法曹界の「悪名高き」スーパーおばあちゃん、ルース・ベイダー・ギンズバーグ(RBG)氏の半生を追った「ビリーブ 未来への大逆転」を選んだ。

映画の山場は、独身男性による介護をめぐる訴訟だ。RBGらは、男性が介護に従事した際、支出が税控除として認められないことが男性差別に該当する、と弁護。女性の権利拡大に向け、性別という垣根の在り方を問い直した。

座席はぽつぽつ。チケット売り場前の長蛇の列は、マーベルに向かったか。閉幕後、一人で座る年配の女性がジッとスクリーンを見つめ続ける顔が、やけに印象的だった。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎年恒例のアラヤ通りの…(11/13)

首都郊外の空港拡張へ入札 中国など7社関心、来年1月着工(11/13)

トヨタ、公共車両の刷新事業に参入(11/13)

財務省、VAT還付の保留企業リスト公開(11/13)

アボイティス、ボホール空港拡張を再提案へ(11/13)

貿産省、AI活用の行程表策定に着手(11/13)

デジタル経済規模、東南ア主要国で最小(11/13)

PXP、マランパヤガス田の施設活用提案(11/13)

【グラフでみるASEAN】消費者物価指数(9月) 5カ国で伸び鈍化、フィリピンは3年4カ月ぶり低水準(11/13)

エネ省、パラワン沖の2油田を閉鎖(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン