• 印刷する

テイクオフ:映画館で、今月に「国際…

映画館で、今月に「国際女性の日」があったか、と思い出す。米マーベルの映像作品で初の女性単独主人公とうたう映画をはじめ、女性の活躍にスポットライトを当てた作品が目立つ。むずがゆさも感じながら、米法曹界の「悪名高き」スーパーおばあちゃん、ルース・ベイダー・ギンズバーグ(RBG)氏の半生を追った「ビリーブ 未来への大逆転」を選んだ。

映画の山場は、独身男性による介護をめぐる訴訟だ。RBGらは、男性が介護に従事した際、支出が税控除として認められないことが男性差別に該当する、と弁護。女性の権利拡大に向け、性別という垣根の在り方を問い直した。

座席はぽつぽつ。チケット売り場前の長蛇の列は、マーベルに向かったか。閉幕後、一人で座る年配の女性がジッとスクリーンを見つめ続ける顔が、やけに印象的だった。(弘)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

テイクオフ:3月末にフィリピンの夏…(04/17)

セブンイレブンが2500店突破 12%増、コンビニ業界リード(04/17)

19年度国家予算が成立、大統領は一部拒否(04/17)

20年度予算は9%増の4.1兆ペソ、政府方針(04/17)

ケソン市、認可手続き電子化で3団体と覚書(04/17)

持続可能性報告、来年から上場企業に義務化(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン