• 印刷する

ミサワ、現地の家具製造子会社を解散

ライフスタイルショップ経営のミサワは14日、フィリピンの家具製造子会社ラモン・ベイ・ファーニチャーを解散すると発表した。24年前に直営工場として設立したが、高齢となった同社代表の後継者が決まらなかった。

ラモンの資本金は1,046万ペソ(約2,220万円)で、ミサワの出資比率は98.62%。解散に伴い、2019年1月期決算で1億3,700万円の特別損失を計上した。

ラモンは1995年設立で、2013年には増床移転していた。同社代表を務めるリノ・デセンブラナ氏が高齢を理由に退職の意向を示したことを受け、後任を探していたものの、適切な人材が確保できなかったという。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1557人、計56万6420人(11:29)

テイクオフ:燃えるような赤い夕日が…(02/24)

ヤマハ、工場新棟を稼働 生産能力倍増、コロナ禍も好機に(02/24)

コロナ感染新たに1414人、計56万4865人(02/24)

PNB銀、みずほリースとの合弁に追加出資(02/24)

セキュリティー銀、アユタヤ銀合弁に増資(02/24)

クラウンアジア、南北通勤鉄道で資材納入へ(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン