デビットカードで現金離れ 電子マネー躍進も、主流は従来型

マレーシアで「タッチンゴー」などの電子マネーが急増する中、依然として電子決済の主流はデビットカードとクレジットカードが担っている。決済回数では公共交通などで利用できる生活密着型の電子マネーが圧倒的な存在感を示すものの、決済機会が限定的で、「乱立状態」とはいえ課…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

サウジ航空、ジッダ線にドリームライナー導入(13:26)

MRTコープ、線路点検で英アラップと契約(12:14)

テイクオフ:日本での新聞記者時代、…(10/17)

東海岸鉄道、26年完工に順調 マレー半島東西の格差解消へ(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

みずほ銀が予算セミナー「投資誘致に力点」(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

千代田化工、契約先が損害賠償増額求め提訴(10/17)

環ボルネオ高速道、来年1Qに3工区の入札(10/17)

宅配GDEX、ベトナム同業の株式50%取得(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン