• 印刷する

テイクオフ:これまで、タイ人である…

これまで、タイ人である自分はうつ病とはかけ離れた人生を生きていると思っていた。それが、数週間前にめいが自らの命を絶ったことで、その病の恐ろしさと、人間のもろさに気付くことになった。

彼女は16歳という若さでこの世を去った。家族も友人も彼女の異変に気付くことができず、ただ驚きと悲しみに明け暮れた。

タイでもうつ病は決して珍しい病ではない。学生時代の後輩は、活発で明るい少女だったが、ある出来事をきっかけに心を病み、自殺を考えたという。ただ、彼女の異変に気付いた友人らが彼女を慰め、医者にかかるように勧めたことで、彼女は元気を取り戻した。

生きていれば、悲しい出来事に直面することは避けられない。そこでそばにいる誰かが慰め、優しい言葉をかけるだけでも、その人は悲しみと戦う勇気を取り戻すことができるのかもしれない。(木)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新車販売、19年は101万台 2年連続大台も20年は7%減予測(01/24)

首都圏鉄道ピンク線延伸、民間が全額投資へ(01/24)

タイ航空、老朽機との交換で新機調達推進(01/24)

シビル、大型インフラ受注で年商180億円へ(01/24)

サイアムモーターズ、ビルとゴルフ場を開発(01/24)

ガルフの越太陽光発電、ADBが41億円融資(01/24)

首都空港の5G、放通委と空港公社が覚書(01/24)

クオリカが現法設立、東南アで事業拡大(01/24)

ラインマン、スーパーの宅配事業に参入(01/24)

屋外広告マスター、ベトナム同業に25%出資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン