• 印刷する

《日系進出》日系カジノ、ハノイでグランドオープン

アミューズメント事業を手がけるベガスベガス(東京都中央区)は11日、ハノイにカジノ「ハリウッドワン・ゲーミングクラブ・ハノイ」をグランドオープンした。オープニング式典には、世界的に有名な現代アーティストの小松美羽さんが登場。店舗にも絵画を展示されている。同社はベトナムで「向こう5年で10店舗」という目標に向けて積極的に拡大していきたい考えだ。

ベガスベガスはハノイにベトナム2号店のカジノをオープンした。全国での拡大を目指す=11日

ベガスベガスはハノイにベトナム2号店のカジノをオープンした。全国での拡大を目指す=11日

この度オープンしたハノイ店は、2017年12月にオープンした北部クアンニン省ハロン市のハロンベイ店に続く2店舗目。オペラハウスに近い、ホアンキエム区チャンティエン通りの5つ星ホテル「ホテル・デルオペラ(Hotel dell'Opera)」内の地下フロアに開業した。ルーレットやバカラ、スロットなどを置き、24時間営業となる。

ハロン湾と同様にパチンコ事業で培った日本式の接客を取り入れている。今回の開業で新たに60人を採用した。日本語のみならず、英語や韓国語、中国語の研修を実施し、4カ国語で対応可能だ。またハノイには日本人スタッフ4人、ハロン湾に2人が常駐する。

ベガスベガスの高橋秀之社長は、ベトナムでのカジノ事業については「5年ほど前から着手した」とコメント。観光業の成長が著しい当地に狙いを定めた。新店開業のタイミングについては「計画通り順調」と述べ、「向こう5年で10店舗」という目標を掲げた。同社は日本のカジノ解禁を見据えて、当地でノウハウを蓄積していきたい考えだ。

観光地で有名なハロン湾の店舗の客層は、中国人と韓国人がそれぞれ3割、東南アジア地域からが2割を占めるという。ハノイ店については「現地で働く日本人にも娯楽やコミュニティーの場として活用してほしい」(高橋社長)と語った。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

知的財産権法、改正案が公開 CPTPPとの整合性高める狙い(06/17)

ビンファスト、「ファディル」引き渡し開始(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

トヨタ、5月の販売は33%増の6321台(06/17)

ベトナムの完成車輸入、1~5月は6.5万台(06/17)

石油価格安定基金、3月末に赤字転落(06/17)

建材価格の上昇が顕著、電気料金値上がりで(06/17)

米パシフィコ、ムイネーの太陽光発電所稼働(06/17)

ヒエップフオック火発、ガス燃料に改造中(06/17)

英風力大手、事業化に向けライセンス取得(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン