• 印刷する

SATS、機内食製造・開発手掛ける施設開所

SATSが開所した新調理施設を視察するチャン・チュンシン貿易産業相(左、SATS提供)

SATSが開所した新調理施設を視察するチャン・チュンシン貿易産業相(左、SATS提供)

空港地上業務などを手掛けるシンガポールのSATSは11日、機内食製造や食品技術の開発を行う新調理施設を正式に開所した。投資額は2,500万Sドル(約20億4,400万円)。

開所式にはチャン・チュンシン貿易産業相らが出席。新施設は最新の機内食生産設備を備える。同設備には、1時間で約4,000人分の機内食用ライスを調理し自動的に小分けにする最新機器や、約120キログラム分のコメ・麺を自動で炒める機器、熱成形(加熱して軟化させたプラスチックのシート、フィルムなどを、型を用いて成形する方法)包装機、最先端殺菌・減菌装置などが含まれる。

技術開発については、シンガポール民間航空庁(CAAS)が資金を援助する。SATSの担当者によると、6カ月~2年にわたり常温で保存できる調理済み食品を開発するという。

新施設で調理・開発した機内食は、6月からシンガポール航空(SIA)傘下の格安航空会社(LCC)スクート・タイガーエアのフライトで提供を開始する。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 食品・飲料運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:旧正月(春節)を控え、…(01/20)

輸出が10カ月ぶりプラス成長 アジア景気、持ち直しの兆候(01/20)

東南アジアの訪日客、8年連続過去最高(01/20)

温暖化防止の「建設宣言」、アジア初署名(01/20)

MRT東海岸線、第2区6駅が年内開業(01/20)

自転車シェア免許、今年の申請受付開始(01/20)

衣料関連製品ダイニック、子会社を解散(01/20)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(01/20)

移民の出身国、マレーシアが1位で44%(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン