• 印刷する

FDI純流入、18年は4.4%減の98億ドル

フィリピン中央銀行は11日、2018年の外国直接投資(FDI)の純流入額が98億200万米ドル(約1兆900億円)だったと発表した。収益の再投資を除く株式資本の純流入額が前年から33.3%落ち込んだことが響き、過去最高だった17年から4.4%減少した。

内訳は、株式資本の流入が前年比30.4%減の27億300万米ドル、流出が10.4%減の4億3,600万米ドルで、純流入額は前年の33億9,800万米ドルから22億6,700万米ドルに減少した。国内現地法人の収益の再投資は0.4%減の8億5,900万米ドル。親会社とフィリピン子会社間の融資などの負債性資本は11.3%増の66億7,600万米ドルだった。

株式資本の流入元は、シンガポール、米国、香港、日本、中国(本土)が上位を占めた。業種別では、製造、金融・保険、不動産、電気・ガス・蒸気・空調供給、芸術・娯楽・レクリエーションが中心だった。

18年12月単月のFDI純流入額は、前年同月比4.8%減の6億7,700万米ドルで、5カ月連続の前年割れとなった。株式資本は流入が51.8%減の1億6,100万米ドル、流出が29.3%増の2,900万米ドルとなり、純流入額は57.6%減の1億3,200万米ドルとなった。収益の再投資は6.9%減の6,100万米ドル。負債性資本は44.7%増の4億8,400万米ドルだった。

株式資本の流入は主に、タイ、米国、日本、シンガポール、オランダから。業種別では、金融・保険、電気・ガス・蒸気・空調供給、卸売り・小売り、製造、不動産への投資が目立った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:歌唱力を競う大会の動画…(11/18)

セメント3社が増益確保 1~9月、コスト削減を強化(11/18)

10月新車販売4%増、2カ月連続プラス(11/18)

公共事業差し止め法案、野党など批判(11/18)

20年の祝日リスト発表、大統領府(11/18)

鉱業フィレックス、年400万トン生産へ(11/18)

フルータスIPO、公募価格は下限に決定(11/18)

フィッチ、成長率予測を6%に上方修正(11/18)

9月の海外送金受取、6.3%増の26億ドル(11/18)

首都圏の労働移動率、4~6月は0.7%に(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン