サムスンと華為技術、特許侵害訴訟で和解

第4世代(4G)移動通信システムに関する特許を侵害したとして、韓国サムスン電子と中国の華為技術(ファーウェイ)が相互に提訴していた問題で、米国特許商標庁の関連部署は、両社が和解したことを明らかにした。聯合ニュースが外国メディアの報道を基に伝えた。 ファーウェイ…

関連国・地域: 中国韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国の人々も「陰謀論」…(04/08)

韓国経済、マイナス成長も 高まる景気後退への懸念(04/08)

新型コロナ感染者1万331人、死者192人に(04/08)

2月の経常黒字、67%増の64.1億米ドルに(04/08)

19年の国家債務、1750兆ウォンに迫る(04/08)

韓国政府、外資縫製工場への支援も要請(04/08)

仁川空港と釜山港、自由貿易地域が拡大(04/08)

サムスン電子、1Q営業益3%増の5700億円(04/08)

双竜自動車、政府と金融機関に支援要請へ(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン