• 印刷する

クレカで改札通過、4月からシステム本格始動

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は7日、米マスターカードのデビット・クレジットカードに対応した公共交通機関の運賃決済システム「シンプリーゴー」を来月4日から本格導入すると発表した。

シンプリーゴーは、既存の交通系ICカードと同様に、デビット・クレジットカードを自動改札機にかざすだけで運賃を決済し、改札を通過できる。交通系ICカードは残高が足りなくなると入金(チャージ)する必要があるが、デビット・クレジットカードなら銀行口座から直接運賃が引き落とされるため、入金の手間が省ける。マスターカードの全ての銀行系カードに対応する。年内には米クレジットカード大手ビザのカードも利用できるようになる見通し。

銀行系カードを持たない人には、ezリンクカードやNETSフラッシュペイといった交通系ICカードを、銀行口座にひも付けた改良版にアップグレードするサービスを年内に提供する。

LTAは2016年、デビット・クレジットカードで公共交通機関の運賃支払いができる「アカウントベースド・チケッティング(ABT)」システムの試験を実施すると発表した。17年にマスターカードと共同で非接触型決済機能付きのデビット・クレジットカードを使った試験サービスを開始し、18年末にはビザや地場の電子決済機関NETS(ネットワーク・フォー・エレクトロニック・トランスファーズ)もこれに加わっていた。LTAは試験事業が好評だったことから、本格導入に踏み切ることを決めた。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

シンガポールの料理注文アプリ、首都に進出(13:50)

プラップジャパン、日系広告代理店を買収(14:30)

テイクオフ:米ファストフード大手マ…(11/21)

隔離型の洋上養殖施設が開所 世界初、生産20倍で自給率向上へ(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

仁川空港、拡張競争に参戦 「アジアのハブ」奪還へ大型投資(11/21)

中南米4カ国とのFTA、年内妥結へ(11/21)

卸売り販売額、電子不振で3年ぶり下落幅(11/21)

R&D・人材投資の税控除拡大、デロイト要望(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン