【ポスト軍政】「4.0」時代へ前進か後退か 日本のIoT導入、政策継続が鍵

タイのプラユット政権下で始まった、先進国入りを目指して産業高度化を図る政策「タイランド4.0」。ロボット産業や次世代自動車などの高度な産業を重点的に誘致し、第4次産業革命「インダストリー4.0」時代の国際競争力を高める狙いだ。この取り組みの中で、政府は日本企業が開発…

関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染1人、クウェートからの帰国者(5日)(06/06)

地場大手、蓄電池生産を加速 コロナ後見据え事業の多角化図る(06/05)

ニコン、タイ・ラオス工場で計700人削減(06/05)

トヨタ、新型「フォーチュナー」など発表(06/05)

日産、2カ月ぶりにピックアップの生産再開(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

電動バイク生産に優遇、投資委が検討(06/05)

自動車部品サミット、早期退職者を募集(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン