• 印刷する

ベトナムの大卒初任給、月250ドルから

人材大手ジョブストリートがこのほど公表した調査結果で、ベトナムの大学新卒社員の平均月額賃金は250米ドル(約2万8,000円)からで、シンガポールに比べて6分の1程度であることが分かった。7日付VNエクスプレスが報じた。

調査は2018年上半期(1~6月)を対象期間として実施された。ベトナムでは新卒社員、社員、管理職、高級管理職の賃金は17年に比べてそれぞれ11%、6%、7%、30%上昇し、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアとの格差はある程度縮小した。

ベトナムで企業が新卒社員に提示する平均賃金は250~380米ドルの範囲で、シンガポール(1,482~2,080米ドル)の6分の1、タイ(605~961米ドル)の3分の1、マレーシア(493~716米ドル)の2分の1にすぎなかったが、インドネシア(225~307米ドル)よりは高かった。

ベトナムで新卒社員の賃金水準の高い上位5分野は、◇不動産◇IT◇秘書◇食品技術◇金融サービス――で、このうち最も高い不動産分野は平均が378米ドル、最高が629米ドルだった。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシア
関連業種: 食品・飲料金融建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

越のモバイル決済、伸び最大 携帯大手参入も「利用は限定的」(04/24)

米西海岸行のコンテナ船、ハイフォンに寄港(04/24)

HCMメトロ、住宅工事で地盤沈下の恐れ(04/24)

三栄建築設計のオフィスビル、3Qに開業へ(04/24)

豚コレラの拡大続く、北部ラタナキリ州で(04/24)

ガス供給量減少、南部の電力生産に危機感(04/24)

日越4団体、産学連携で溶接技術の研究(04/24)

ソニー、4KELテレビの最上位機種を発表(04/24)

ズンクアット製油所、1Qの純益2600万ドル(04/24)

布職布の南六、ベトナム工場建設を計画(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン