• 印刷する

ベトナムの大卒初任給、月250ドルから

人材大手ジョブストリートがこのほど公表した調査結果で、ベトナムの大学新卒社員の平均月額賃金は250米ドル(約2万8,000円)からで、シンガポールに比べて6分の1程度であることが分かった。7日付VNエクスプレスが報じた。

調査は2018年上半期(1~6月)を対象期間として実施された。ベトナムでは新卒社員、社員、管理職、高級管理職の賃金は17年に比べてそれぞれ11%、6%、7%、30%上昇し、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシアとの格差はある程度縮小した。

ベトナムで企業が新卒社員に提示する平均賃金は250~380米ドルの範囲で、シンガポール(1,482~2,080米ドル)の6分の1、タイ(605~961米ドル)の3分の1、マレーシア(493~716米ドル)の2分の1にすぎなかったが、インドネシア(225~307米ドル)よりは高かった。

ベトナムで新卒社員の賃金水準の高い上位5分野は、◇不動産◇IT◇秘書◇食品技術◇金融サービス――で、このうち最も高い不動産分野は平均が378米ドル、最高が629米ドルだった。


関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシア
関連業種: 食品・飲料金融建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:5月末から新型コロナの…(07/10)

社債市場、「駆込み」で過熱 不動産と金融中心に下期も活況に(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

越の航空貨物市場、新規参入が困難(07/10)

リゾート不動産取引、2Qは過去5年で最低(07/10)

HSBC、地場の再生プラ工場に融資(07/10)

東急建設、豪に子会社持つ海外BIM企買収(07/10)

第一稀元素、新工場稼働を1年以上延期(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン