• 印刷する

ダナンの日系ホテル、ブランド変更

ブランドが変わり、新たにオープンした「たびのホテルダナン」の客室(サンフロンティア不動産提供)

ブランドが変わり、新たにオープンした「たびのホテルダナン」の客室(サンフロンティア不動産提供)

不動産管理などを手掛けるサンフロンティア不動産(東京都千代田区)はこのほど、同社および連結子会社サンフロンティアホテルマネジメント(東京都中央区)がベトナム中部ダナン市で運営するホテルのブランドを変更し、新たにオープンした。

ブランドが変更されたのは、2016年8月に同社が海外初のホテルとしてソンチャー区チャンフンダオ通りに開業した「ブロッサム・シティー(The Blossom City)」。このたび、自社ブランドである「日和ホテルズ&リゾーツ」のカジュアルブランド「たびのホテル」になり、ホテル名は「たびのホテルダナン」に変更された。客室数の床面積は21~28平方メートルで、全45室。

サンフロンティア不動産は15年12月、現地法人サンフロンティア・ベトナムを通じて、建設が中断した物件を購入。これを補強して、結婚式場などを併設しない宿泊特化型ホテルのブロッサム・シティーとして建設し、運営していた。サンフロンティア不動産は、ダナン市でマンションの建設も手掛けている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 建設・不動産観光

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(20:04)

1Q成長率、5%台に減速も 長期的には6~7%維持の予測も(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

マサン、洗濯洗剤メーカー株52%の買収完了(02/21)

運輸省、鉄道インフラ向上に7兆ドン支出(02/21)

メコン地方、2件の高速道建設で67兆ドン(02/21)

サムスン電子、ベトナムのパネル工場増強へ(02/21)

鉄道総公社、新型肺炎肺炎で収益減少(02/21)

ビナコネックス、傘下の電力事業者を売却へ(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン