コメ関税化、くすぶる懸念 自給率低下、近隣国から輸入増へ

コメの輸入数量制限を撤廃する改正農業関税化法(コメ関税化法)が5日施行され、フィリピンは本格的なコメの自由化に向けかじを切った。東南アジア他国から流入する安い輸入米は消費者に恩恵を及ぼす反面、国内のコメ農家は厳しい競争にさらされ、自給率が低下する恐れもある。産…

関連国・地域: タイベトナムフィリピン日本ASEAN
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都マニラ北西で22日…(04/24)

中国との「蜜月」演出 初のBFA、米保護主義を批判(04/24)

年内に上位中所得国入り、財務相が米で講演(04/24)

貿易産業省、オンライン製品認証手続き開始(04/24)

持ち株コスコ、全事業好調で18年は増収増益(04/24)

23日株価指数:7818.93ポイント(04/24)

経営破綻の韓進現法、負債額は17.1億米ドル(04/24)

現代自の1Q販売、商用車好調で12.5%増(04/24)

PCC、ルソン系統の停電で調査へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン