• 印刷する

マルウェアの脅威、マレーシアは東南アで最悪

情報セキュリティー企業トレンドマイクロ(本社・東京)がこのほど発表したサイバー攻撃の脅威動向に関する最新リポートによると、マレーシアで2018年に確認されたマルウェア(不正で有害な動作を行う悪意のあるソフトウエア)の侵入は1,600万件を超えた。1日平均では4万5,000件で、東南アジアで最悪の水準となる。2月28日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

同リポートによると、マレーシアでは昨年に約35万件の「悪意のあるURL」が発見され、1,050万人が被害を受けた。また、取引先や自社の経営者などになりすまして、偽の電子メールを送って入金を促すビジネスメール詐欺が横行していることも分かった。

トレンドマイクロ・マレーシアのゴー・チーホー社長は27日の記者会見で、マレーシア企業は長年にわたってビジネスメール詐欺に悩まされていると指摘。今年も大きな脅威になるとの見方を示した。

さらにゴー社長は、身代金要求型ウイルス「ランサムウェア」によるサイバー攻撃も深刻で、状況が悪化していると警告。ハッキングで組織のパソコンなどを乗っ取る従来の手口に加えて、内通者と共謀する新手の攻撃も増えていることを明らかにした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中銀、金利3%に据え置き 年内にも追加利下げの公算大(09/13)

南シナ海協議へ新枠組み、中国マレーシア外相会談(09/13)

製造業売上高、7月は6%増の742億リンギ(09/13)

小売売上高、19年の伸び率4.4%に下方修正(09/13)

RM1=25.8円、$1=4.16RM(12日)(09/13)

サイムダービー、豪で高級車販売権を買収へ(09/13)

海運ハブライン、入居物件の保有会社を買収(09/13)

イナリ、台湾PCLと光トランシーバー合弁(09/13)

タドマックス、インダ島火力発電所で認可(09/13)

ホンリョン、東南アで病院事業に参入(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン