• 印刷する

マルウェアの脅威、マレーシアは東南アで最悪

情報セキュリティー企業トレンドマイクロ(本社・東京)がこのほど発表したサイバー攻撃の脅威動向に関する最新リポートによると、マレーシアで2018年に確認されたマルウェア(不正で有害な動作を行う悪意のあるソフトウエア)の侵入は1,600万件を超えた。1日平均では4万5,000件で、東南アジアで最悪の水準となる。2月28日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

同リポートによると、マレーシアでは昨年に約35万件の「悪意のあるURL」が発見され、1,050万人が被害を受けた。また、取引先や自社の経営者などになりすまして、偽の電子メールを送って入金を促すビジネスメール詐欺が横行していることも分かった。

トレンドマイクロ・マレーシアのゴー・チーホー社長は27日の記者会見で、マレーシア企業は長年にわたってビジネスメール詐欺に悩まされていると指摘。今年も大きな脅威になるとの見方を示した。

さらにゴー社長は、身代金要求型ウイルス「ランサムウェア」によるサイバー攻撃も深刻で、状況が悪化していると警告。ハッキングで組織のパソコンなどを乗っ取る従来の手口に加えて、内通者と共謀する新手の攻撃も増えていることを明らかにした。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近、地場企業のカスタ…(04/24)

マ首相、一帯一路会議に出席 ECRL再契約で対中関係深化へ(04/24)

RM=27.0円、$=4.12RM(23日)(04/24)

上奇がデジタル印刷強化、マレーシアに新会社(04/24)

リーラコーエン、来月24日に人材セミナー(04/24)

プロドゥア、自動車展示会で450台の成約(04/24)

ペトロナス、自動車サービスセンター開業(04/24)

タイエアアジア、7月にシアヌークビル便就航(04/24)

KL都心再開発で収用検討、最大100億リンギ(04/24)

都心の住宅開発、開発業者と規模縮小で合意(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン