• 印刷する

テイクオフ:週末の夜遅く、ソファで…

週末の夜遅く、ソファでくつろいでテレビを見ていたら、突然、辺りが真っ暗になった。停電だ。暗闇の中、スマホのライトを懐中電灯代わりに玄関近くの配電盤へ行く。落ちていたブレーカーを上げるが、電気がつかない。エアコンが止まって汗ばむ中、どうにかしようと他のブレーカーも上げ下げしてみるが、効果なし。打つ手なく、夜が明けるのを待つことにした。

翌朝一番に不動産会社の担当者に連絡し、業者を手配してもらう。午後遅くになってやって来た男性に調べてもらうと、何のことはない、廊下の共用部の壁の中にある大本のブレーカーが落ちていたのだ。それを上げると、たちまち部屋の明かりがつき、冷蔵庫などが動き始めた。

電気はあって当たり前――。普段はそう思っているが、いざ使えなくなると、とたんに生活に支障を来してしまう。改めて、そのありがたみが身にしみた。(墺)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ふと、懐かしいメロディ…(06/27)

勃興する植物工場産業(上) 地場社、来年に大規模施設稼働(06/27)

清掃マッチングで年8万件成約 潔客幇の林文康CEO(06/27)

クリスエナジー、原油生産へ3D調査を開始(06/27)

5月の製造業生産高2.4%低下、マイナス転換(06/27)

駐在員生活費、東南アジア全般で上昇(06/27)

EV普及本格化、東南アは25年以降=報告書(06/27)

IT産業の窓口一本化へ、政府が新組織(06/27)

フィンテック普及率67%、2年前から大幅上昇(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン