華為、東南アの対応に温度差 安全懸念や米中摩擦の間で揺れ

東南アジア諸国連合(ASEAN)域内で、第5世代(5G)移動通信システムへの参入を図る中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への対応に温度差が出てきた。各国の反応の違いには、ファーウェイ製品のセキュリティーリスクの捉え方に加えて、米国や中国への配慮の大小が…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアフィリピン米国
関連業種: IT・通信政治


その他記事

すべての文頭を開く

新規感染687人、計8千人突破=25日朝(09:27)

社会保障委、出勤停止対象の加入者に支援金(09/25)

国際線旅客機の着陸禁止、10月末まで延長(09/25)

新興企業がコロナ下で前進 IT浸透追い風、資金調達つなぐ(09/25)

新たに869人感染、8千人に迫る=24日朝(09/25)

コロナ基金融資の第2弾、1千社余りが承認(09/25)

鶏肉の輸入、内需低迷で10月は停止(09/25)

プルデンシャルとヨマ系病院、医療分野で提携(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン