• 印刷する

化粧品ロレアルの中国売上高、18年は33%増

仏化粧品大手ロレアルの2018年の中国での売上高が前年比で33%増となり、過去14年で最も高い伸びを示した。ネットメディアの澎湃新聞が26日伝えた。

中国がけん引してアジア太平洋地域での売上高は70億ユーロ(約8,806億円)となり、初めて北米市場を超えた。グループ全体での売上高は7.1%増の269億ユーロだった。

ロレアルの中国事業戦略に関する説明会で、同社中国法人のステファン・リンデルクネック最高経営責任者(CEO)は「電子商取引(EC)が業績の重要なけん引役であり、売り上げの35%を占めた」と述べた。特にイブ・サンローランの場合、店舗がない都市向けの通販による売り上げが48%を占めた。


関連国・地域: 中国-全国欧州
関連業種: 化学その他製造小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(17:43)

新型肺炎の死者2118人、感染者7万4576人(20:08)

中ASEAN特別外相会議、きょう開催(02/20)

企業救済へ社会保険料を免除 最大5カ月、雇用悪化に危機感(02/20)

中台間の航空貨物運賃が急騰 従来比7倍も、新型肺炎の減便で(02/20)

政府、中国との観光客の往来禁止を検討(02/20)

新型肺炎の感染、20人急増 経路つかめず、大邱に不安広がる(02/20)

【アジアの本棚】『アリババ ――世界最強のスマートビジネス』(02/20)

新型コロナ、航空各社が中国便など消毒徹底(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン