• 印刷する

化粧品ロレアルの中国売上高、18年は33%増

仏化粧品大手ロレアルの2018年の中国での売上高が前年比で33%増となり、過去14年で最も高い伸びを示した。ネットメディアの澎湃新聞が26日伝えた。

中国がけん引してアジア太平洋地域での売上高は70億ユーロ(約8,806億円)となり、初めて北米市場を超えた。グループ全体での売上高は7.1%増の269億ユーロだった。

ロレアルの中国事業戦略に関する説明会で、同社中国法人のステファン・リンデルクネック最高経営責任者(CEO)は「電子商取引(EC)が業績の重要なけん引役であり、売り上げの35%を占めた」と述べた。特にイブ・サンローランの場合、店舗がない都市向けの通販による売り上げが48%を占めた。


関連国・地域: 中国-全国欧州
関連業種: 化学その他製造小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

米中摩擦で医療機器業界に恩恵、フィッチ(15:48)

9月の新築住宅価格、上昇は53都市に減少(14:46)

テイクオフ:アパートの駐車場に、左…(10/21)

豪ガソリン輸入、米国から急増 主要調達先の市価上昇で(10/21)

3Q成長率は6.0%に減速 最低更新、目標達成へ正念場(10/21)

聯発科技董事長、「5G・AI領域強化」(10/21)

9月の鉱工業生産5.8%増、単月は伸び拡大(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

3Qの設備稼働率76.4%、前期から横ばい(10/21)

ムセのタマネギ輸出が増加、中国で需要増(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン