モジュールの聯徳、フィリピンに新工場

精密金属モジュールなどを製造する聯徳控股は今年、フィリピンに新工場を建設する計画だ。投資額は500万~600万米ドル(約5億5,400万~6億6,500万円)を見込む。また台湾では宜蘭県や桃園市で生産能力を拡張する計画で、ともに早ければ2020年にも完工する予定。26日付工商時報な…

関連国・地域: 台湾フィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

五福旅行社、従業員2割をリストラへ(12:26)

新型コロナ感染者、448人に(15:13)

テイクオフ:こちらでもパチリ、あち…(07/02)

スマホゲーム市場が拡大 今年20億米ドルか、中国が存在感(07/02)

群創とコーニング、車載用パネル生産で提携(07/02)

富士康、ベトナム工場の宿舎建設か(07/02)

可成の20年売上高、過去最高の1千億元超へ(07/02)

碩禾電子が致嘉科技を合併、事業多角化へ(07/02)

TSMC、工場に自動搬入搬送システム(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン