高齢原告が賠償受けず他界、日韓徴用工訴訟

【共同】韓国最高裁が日本企業に元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身隊員への賠償を命じる確定判決を出した昨年秋以降、勝訴した高齢の原告らが賠償を受けないまま次々と他界している。原告側は被告企業の資産売却や、新たな差し押さえに近く着手するが、見通しが立たない協議による被害…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

製薬カルベ、6月にコロナワクチン臨床試験(05/29)

テイクオフ:2019年9月、スクー…(06/01)

物流センターで集団感染 防疫対策おざなり、遠のく収束(06/01)

新型コロナ感染者、27人増の1万1468人(06/01)

5月企業景況感は53、コロナで不振続く(06/01)

ファーウェイの代替育成、10カ国連携模索か=英(06/01)

ミャンマー国際航空、ソウル貨物輸送を拡大(06/01)

日産が年内で韓国事業撤退、販売低迷受け(06/01)

起亜自動車、南部工場拡張に58億円投資(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン