• 印刷する

RBA、住宅価格と消費低迷で利上げ足踏み

オーストラリア連邦準備銀行(RBA)が、賃金上昇率の伸び悩みや家計消費の低迷、また住宅価格が記録的な低水準であることから、政策金利の引き上げに踏み切れずにいる。今月実施されたRBAの会合では、利上げと利下げの両方の可能性に言及。これまでは、次回金利を変更する場合は利上げになるとの見方で合意されていたことから、RBAの姿勢に明確な変化が表れているという。20日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

RBAの会合の議事録によると、利上げと利下げの可能性は同程度起こり得る状況だという。ただ、景気の見通しは過去数カ月で不確実性が増している中でも、さらなる失業率の低下やインフレ率の向上が見込めるため、今回は金利の変更ではなく現状維持を選択したとしている。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のチーフ・エコノミスト、オスター氏は、RBAは経済に対する懸念を和らげようとしていると指摘。「RBAは、所得が増えれば消費も伸びると主張している。NABは、家計消費や景気循環などの要素を現状の課題としてとらえ、2019年の経済成長率を2.5%と予測している一方、RBAは3%と楽観的な見方を示している」と話した。

またJPモルガンのチーフ・エコノミスト、オールド氏は、住宅価格下落の規模とスピードが重要な指針だとし、消費や国内総生産(GDP)の伸び悩み、また失業率の悪化やインフレ率の低下につながる要素だとしている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2大スーパーのコールズ…(03/22)

豪失業率、8年ぶり5%下回る 好転も労働参加率下落には警戒感(03/22)

労働党の税改革案、不動産市場さらに低迷へ(03/22)

WA州、ネガティブギアリングの不動産多く(03/22)

NSW労働党、東部州高速鉄道開発を重視(03/22)

LNG・製造業、労働党のCO2削減案懸念(03/22)

大手企95%が完全納税、タスクフォース成果(03/22)

労働協約システムへの不満、大手企業で増加(03/22)

残虐動画の流出防止、首相が通信企と協議へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン