• 印刷する

テイクオフ:マニラ首都圏マンダルヨ…

マニラ首都圏マンダルヨン市にある有名なムエタイ(タイ式キックボクシング)のジムに通い始めた。セッションに6回参加したが、驚いたことにどの回も男性より女性の参加者が多い。

男性と知り合うためにボクシングジムに通う友人もいるし、ほかのジムがどうなのかも分からない。ただ、荒々しい男性のスポーツという印象が強いムエタイのジムに、フィットネス目的で通う女性が多い事実から、フィリピンはジェンダーニュートラル(性別を問わない)な国だと感じた。

フィリピンはこれまで2人の女性大統領を輩出し、多くの女性国会議員や政治家がいる。企業で高い地位に就く女性も多いといわれる。社会は元々、女性の参画拡大に寛容ではなかったが、法律がつくられることで女性の地位が向上している。ジェンダーニュートラルで世界のロールモデルになれないだろうか。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

GDP予測に異例の批判 財務省、エコノミストは静観(08/16)

日本郵船、電子決済サービス始動へ前進(08/16)

輸入セメントの関税率、4割引き上げ検討(08/16)

運輸省、新マニラ空港建設に落札通知(08/16)

酒・たばこ増税法案、下院で可決(08/16)

MRT3号線の乗客26%減、4年ぶり低水準(08/16)

電力公社の債務、利用者への転嫁廃止に(08/16)

6月の海外送金受取3%減、10カ月ぶり水準(08/16)

米送金レミットリー、海外最大拠点を開設(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン