• 印刷する

18年海外送金、過去最高3.2兆円も成長鈍化

フィリピン中央銀行は15日、2018年のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)が前年比3.1%増の289億4,300万米ドル(約3兆1,981億円)だったと発表した。15年連続で過去最高を更新したが、成長率は前年の4.3%から鈍化した。

家政婦(メイド)など陸上就労者からの送金は2.8%、船員など海上就労者からは4.6%それぞれ増加した。

国・地域別では、米国、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、シンガポール、日本、英国、カタール、ドイツ、香港からの送金が、全体の79%を占めた。中東からは15.3%減と落ち込んだものの、アジアからが12.3%、米州からが9.7%、欧州からが7.7%それぞれ伸びて成長を支えた。

銀行経由以外を含めた18年の送金額は322億1,300万米ドルで、国内総生産(GDP)の9.7%、国民総所得(GNI)の8.1%を占めた。

18年12月は28億4,900万米ドルで、これまでの単月過去最高だった前年同月の27億4,100万米ドルを3.9%上回った。米国、カナダからの送金が特に伸びた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジョンソン英首相の発言…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

マニラ近隣州で制限緩和 外資工場集積、需要回復見通せず(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

コロナ緊急支援に借款500億円、日本政府(07/02)

コロナ感染新たに999人、累計3万8511人(07/02)

教育格差拡大の恐れ、対面授業は当面先送りも(07/02)

バス専用路線の暫定運用開始、運輸省(07/02)

高速道運営NLEX、電子決済システム強化(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン