• 印刷する

18年の液晶パネル出荷量、京東方が世界首位

ディスプレー市場調査会社の北京群智営銷諮詢(群智諮詢、シグマインテル)によると、2018年の世界の液晶パネル出荷量は、北京市に本拠を構える業界大手の京東方科技集団(BOE)が首位となった。出荷量は3,730万枚で、2位の韓国LGディスプレー(3,450万枚)を上回った。

15日付北京商報などが伝えた。出荷面積ベースでは京東方は世界3位。1位のLGディスプレー、2位の韓国サムスン電子に及ばなかった。京東方によると、出荷量は前年比で24%、出荷面積は45%それぞれ増加した。

世界の液晶パネル出荷量は前年比10%増の1億5,100万枚となった。業界関係者は出荷量増加の背景に、生産能力の増強や北米の景気拡大、在庫確保の動きが強まったことがあると分析した。

中国では南京中電熊猫信息産業集団(CECパンダ)傘下の南京中電熊猫液晶顕示科技や、深セン市華星光電技術による生産能力の増強と価格戦略の影響を受け、19年も競争激化の流れが続くとみられている。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(03/22)

利豊、サプライチェーンで中国離れ加速(03/22)

ビール輸入額、3年で倍増 日本トップ、中国・米国産が追う(03/22)

テイクオフ:「口は命の入り口、心の…(03/22)

長和の李会長、初の決算会見 大湾区に関心、不動産にも言及(03/22)

増値税の仕入れ控除を拡大 旅客運輸も対象、減税策続々登場(03/22)

鴻海子会社、中国アリババ220万株を売却(03/22)

中国・塩城工場での生産中断、起亜自(03/22)

シャオミ、決済アプリのミペイ導入(03/22)

米中閣僚級協議、28~29日に北京で開催(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン