• 印刷する

18年の液晶パネル出荷量、京東方が世界首位

ディスプレー市場調査会社の北京群智営銷諮詢(群智諮詢、シグマインテル)によると、2018年の世界の液晶パネル出荷量は、北京市に本拠を構える業界大手の京東方科技集団(BOE)が首位となった。出荷量は3,730万枚で、2位の韓国LGディスプレー(3,450万枚)を上回った。

15日付北京商報などが伝えた。出荷面積ベースでは京東方は世界3位。1位のLGディスプレー、2位の韓国サムスン電子に及ばなかった。京東方によると、出荷量は前年比で24%、出荷面積は45%それぞれ増加した。

世界の液晶パネル出荷量は前年比10%増の1億5,100万枚となった。業界関係者は出荷量増加の背景に、生産能力の増強や北米の景気拡大、在庫確保の動きが強まったことがあると分析した。

中国では南京中電熊猫信息産業集団(CECパンダ)傘下の南京中電熊猫液晶顕示科技や、深セン市華星光電技術による生産能力の増強と価格戦略の影響を受け、19年も競争激化の流れが続くとみられている。


関連国・地域: 中国-北京
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

中国白物家電大手の美的、台湾に本格参入(20:13)

国有株の年金基金への移管、来年に作業完了(18:23)

テイクオフ:「娃娃魚」とは中国語で…(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

対中制裁関税から437品目除外 米、閣僚協議の前進にはずみか(09/23)

豪州と米国、首脳会談開催 中国を念頭に連携した対応を確認(09/23)

北京と上海に学べ、商環境改善措置を全国で(09/23)

日中が自動運転フォーラム、技術協力を推進(09/23)

熱延コイル関税、財務省が引き上げを撤回(09/23)

省間輸送の大型ばら積み貨物船、1843隻に(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン