国産戦闘機向け部品の加工開始、KAI

韓国唯一の航空機メーカー、韓国航空宇宙産業(KAI)がこのほど、次世代の国産戦闘機(KFX)の試作機向け部品の加工に着手した。戦闘機が高速飛行時に発生する圧力で機体が変形することを防ぐための骨組みの役割を担うバルクヘッドを生産する。21日付毎日経済新聞が伝えた。…

関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造運輸政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:3月から夏にかけては、…(03/21)

現代自がインド開拓を加速 現地配車大手に335億円投資(03/21)

LG系列社を不当内部取引で調査、公取委(03/21)

20年間で賃金154%上昇も、生産性は低く(03/21)

韓国ロジスバレー、北部に物流センター開設(03/21)

SKT、5G活用した野球中継を開始(03/21)

LGイノ、3Dセンサーと車載部品に注力(03/21)

車部品の万都、印マヒンドラにADAS供給(03/21)

航空機部品製造、相次ぐ越進出(03/21)

新興市場向けモデル生産か、ルノーサムスン(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン