• 印刷する

文大統領が釜山訪問、スマート都市造成

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、釜山で開催された「スマート都市革新戦略報告会」に参加し、釜山市と世宗市を世界で最も先を行くスマート都市に造成すると述べた。市内にスマートシティー「エコデルタシティー」を造成し、ロボットやモノのインターネット(IoT)などを利用した先端のスマート都市を造り上げる。韓国メディアが伝えた。

文大統領は、2022年に釜山スマート都市で生活すれば、年間で124時間の節約が可能で、犯罪率は約25%、交通事故は約50%減るとした。エコデルタシティーは高齢化などに対応し、ロボットが住民の生活をサポートする実験が行われる。

釜山地域の経済人との懇談会で文大統領は、釜山・蔚山地域への新空港に関して「広域団体の意見が集まる必要がある」としたが、「意見が異なる場合は国務総理室傘下に検証機関を昇格させて議論することもできる」とした。同地域への新空港については、朴槿恵(パク・クネ)政権が金海空港の拡張を推進したが騒音、安全問題などにより中断している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

SKバイオの睡眠障害治療薬、米で販売許可(13:00)

新車販売、日産がトップ3に 1~2月は韓国現代自超え(03/22)

ビール輸入額、3年で倍増 日本トップ、中国・米国産が追う(03/22)

中国・塩城工場での生産中断、起亜自(03/22)

給油所大手、政府のEV充電所事業に参加(03/22)

現代モービス、ロシア社と自動運転技術開発(03/22)

韓国ソウル交通公社、ダナン都市鉄道で覚書(03/22)

SKイノ、米でEVバッテリー工場着工(03/22)

カカオがブロックチェーン事業、6月に始動(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン