【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(下) 車両どう活用、金融機関と協業へ

渦潮電機(愛媛県今治市)がフィリピンで手掛ける電動三輪タクシー(電動トライシクル、eトライク)事業の今後の課題は、いかに活用事例を増やし、販売拡大につなげていくかだ。既に地方自治体では国際機関による実証実験が進められ、今後は日系金融機関と協業を検討している。世…

関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車電機金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:昨年10月のインドネシ…(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

予算案の両院対立続く、下院は法案撤回せず(03/21)

2月の国際収支、4.67億ドルの黒字(03/21)

LTグループ、18年も金融けん引し増収増益(03/21)

20日為替:$1=52.810ペソ(↑)(03/21)

小売りロビンソンズ、18年は15%増収(03/21)

外食ジョリビー、4月にグアム進出(03/21)

不動産センチュリー、18年は6割超増収増益(03/21)

18年4Qの建設認可件数、21%増の4万件(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン