• 印刷する

通信グローブ、8年連続で売上高最高更新

フィリピンのアヤラ財閥系通信大手グローブ・テレコムが発表した2018年決算は、売上高が前年比10%増の1,402億ペソ(約2,940億円)で、11年から8年連続で過去最高を更新した。第4世代(4G)の移動通信規格「LTE」の普及が進み、データ通信事業が順調に伸びた。

EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)は22%増の649億ペソ。純利益は22%増の184億ペソだった。

部門別では、携帯通信事業の売上高が9%増の1,069億ペソ。家庭向けブロードバンド事業は19%増の185億ペソ、企業向けデータ通信事業は15%増の118億ペソと堅調だった一方で、音声サービスは15%減の298億ペソに落ち込んだ。

18年末時点の携帯通信の加入件数は7,410万件、ブロードバンドの加入件数は24%増の160万件に達した。

18年は設備投資に433億ペソを充て、うち77%は需要増大中のデータ通信サービスの拡充に使用した。19年は前年比45%増の630億ペソを設備投資に充てる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

JGサミット、航空好調で1Qは54%増益(16:49)

電子サーテック、電力調整器などの生産拡大(18:29)

比中連合のLNG基地建設、予定地決まらず(17:31)

テイクオフ:今回の中間選挙は、フィ…(05/20)

セブで初のコンテナ船を進水 常石造船、建造船種を多様化へ(05/20)

オリコ、自動車ローンで進出(05/20)

日系10社と拡張で合意文書、大統領訪日で(05/20)

付加価値税の還付手続き、新指針で迅速化(05/20)

世界有力企業ランク、比からBDOなど6社(05/20)

台湾8社、米中摩擦でスービックに投資計画(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン