• 印刷する

台湾銀行がマニラ駐在員事務所を始動

フィリピン中央銀行は、台湾政府系の台湾銀行のマニラ駐在員事務所が、1月31日に活動を開始したと発表した。フィリピンに駐在員事務所を設置した外国銀行は、台湾銀行が13行目。現地拠点を設置する台湾の銀行は6行目となる。

中銀の回状によると、駐在員事務所であるため、フィリピン政府、中銀などとの情報交換や同行のサービス・商品について情報を提供する機能に限定される。本格的な営業活動を行うための準備や調査の拠点となる。台湾銀行には、昨年3月にマニラ駐在員事務所の設置を許可。同事務所は昨年9月にフィリピン証券取引委員会(SEC)の登録を済ませていた。

13日付スターなどによると、外銀の国内参入制限を撤廃する法律(共和国法第10641号)が14年7月に施行されて以降、台湾の銀行では國泰世華銀行、元大商業銀行、第一商業銀行、華南銀行、彰化銀行の5行がフィリピンに支店を開設。5行を含め外銀12行が支店を置けるライセンスを取得しているが、台湾銀行はまだ取得していない。規制緩和前は、富士銀行(現みずほ銀行)と東京銀行(現三菱UFJ銀行)を含む10行に制限されていた。


関連国・地域: 台湾フィリピン
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

遅い審査は自動承認、政府が改善へ細則案(21:28)

URCの製糖工場買収、競争委が却下(21:28)

外食ジョリビー、18年は積極出店で増収増益(21:28)

テイクオフ:先週末の金曜の夜は、大…(02/18)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(下) 車両どう活用、金融機関と協業へ(02/18)

日本支援のマニラ南北通勤鉄道が着工(02/18)

ブラカン空港計画、1Qに競合提案を募集(02/18)

19年もペソ安基調、みずほ銀が経済セミナー(02/18)

外国人証券運用、1月は7.6億ドル買い越し(02/18)

15日為替:$1=52.430ペソ(↓)(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン