• 印刷する

通貨ルピーが再び過去最安値、下げ止まらず

通貨ルピーの下落が止まらない。週明け19日の外国為替相場で、対米ドルのルピー相場は一時1米ドル=63.22ルピーを付け、過去最安値を更新した。ロイター通信が伝えた。

ルピー相場は16日に1米ドル=62.03ルピーまで下落し、6日に記録した同61.8ルピーの過去最安値を塗り替えていた。インド準備銀行(中央銀行)はルピー安を食い止めようとさまざまな方策を打ち出しており、14日には企業と個人の対外投資の規制強化を発表したが、思うような効果は上がっていない。

証券仲介会社NSPフォレックスのパラム・サルマ最高経営責任者(CEO)は「準備銀はさらなるルピー安の抑制策をとるだろうが、効果は期待できない」と指摘。「ルピー相場は近いうちに1米ドル=63ルピーの水準まで落ち込むだろう」と予測していた。


関連国・地域: インド
関連業種: 金融サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年も祭りの季節がやっ…(09/30)

テークアウトと配達に追い風 コロナで変化、店内飲食は苦戦(09/30)

米ハーレー、インドで販売パートナー模索(09/30)

マルチ・スズキ、新たに新興5社と提携(09/30)

ルノーの小型SUV投入、来年初頭に延期(09/30)

祭事期自動車販売は前年並み、ICRA調査(09/30)

〔政治スポットライト〕日米豪印外相会合、10月6日開催決定(09/30)

タイヤ輸入額、4~6月は前年比44%減(09/30)

日本工営、バングラの商業港開発を受注(09/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン