• 印刷する

建設OCIC、カンダルに衛星都市開発

カンボジアのコングロマリット(複合企業)オーバーシーズ・カンボジア・インベストメント(OCIC)は、首都プノンペンと隣接する南部カンダル州で衛星都市を開発する。現在は建設許可の申請に向けた準備を進めている。クメール・タイムズ(電子版)が12日伝えた。

キエンスバイ地区周辺の約100ヘクタールを開発する。川岸を整備し、橋も建設する計画だ。投資額は明らかにしていない。

不動産仲介大手センチュリー21メコンのチレク・ソクニム最高経営責任者(CEO)は、衛星都市の開発について「プノンペンで増え続ける人口の受け皿として必要だ」と指摘した。

ラッキー・リアルティーのディット・チャンナCEOは、「開発予定地は国道へのアクセスなど交通の便が良く、投資家にとっても魅力的だ」と述べた。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

南部国際港、民間主導で刷新 上組など株取得、JICAは覚書(05/27)

中国宝武鋼鉄、生産移管を検討(05/27)

野党不在の地方選、与党が圧勝へ(05/27)

フン・セン首相、29~31日に訪日(05/27)

アジア開銀、太陽光発電に760万ドル融資(05/27)

シアヌークビルの汚水処理場整備、計画承認(05/27)

首都住民のごみ不法投棄、罰金を検討(05/27)

地方開発銀、農家育成に200万ドル拠出(05/27)

10月に観光見本市、6千人が来場見込み(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン