• 印刷する

タイガーエア台湾、4月に桃園―ボラカイ線就航

台湾の格安航空会社(LCC)、台湾虎航(タイガーエア台湾)は11日、フィリピンの人気リゾート地・ボラカイ島への玄関口であるパナイ島・アクラン州のカリボ国際空港と台湾桃園国際空港を結ぶ定期便を4月2日に就航すると発表した。

桃園―カリボ線は毎週火、木、土曜日の運行で、往路は午前0時15分に桃園発、午前2時55分にカリボ着。復路は午前3時55分にカリボを出発し、午前6時30分に桃園に到着する。

ボラカイ島は水質汚染改善のため、2018年4月から10月までの半年間、外国人を含む観光客の受け入れを禁止していた。

タイガーエア台湾は、18年12月に初のフィリピン直航定期便となる桃園―セブ便を就航している。


関連国・地域: 台湾フィリピン
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもの頃、共働きの両…(06/17)

工作機械輸出、7カ月連続減 5月は8%減、メーカー各社も減収(06/17)

JDI支援1社見送り、代替出資確保へ再交渉(06/17)

聯発科技、20年3月に5G向けSoC量産へ(06/17)

パネル友達、後工程の台湾移管を検討(06/17)

英業達董事長、「ノートPC全量台湾生産も」(06/17)

電子業界、ハイエンド生産ラインは台湾へ(06/17)

交通部、5G周波数の割り当て計画を提出へ(06/17)

台湾電子機器アクベル、ラグナ工場を拡張(06/17)

ヒエップフオック火発、ガス燃料に改造中(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン