• 印刷する

タイガーエア台湾、4月に桃園―ボラカイ線就航

台湾の格安航空会社(LCC)、台湾虎航(タイガーエア台湾)は11日、フィリピンの人気リゾート地・ボラカイ島への玄関口であるパナイ島・アクラン州のカリボ国際空港と台湾桃園国際空港を結ぶ定期便を4月2日に就航すると発表した。

桃園―カリボ線は毎週火、木、土曜日の運行で、往路は午前0時15分に桃園発、午前2時55分にカリボ着。復路は午前3時55分にカリボを出発し、午前6時30分に桃園に到着する。

ボラカイ島は水質汚染改善のため、2018年4月から10月までの半年間、外国人を含む観光客の受け入れを禁止していた。

タイガーエア台湾は、18年12月に初のフィリピン直航定期便となる桃園―セブ便を就航している。


関連国・地域: 台湾フィリピン
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

中華航空スト収束、労使合意 既に職場復帰準備、欠航も解消へ(02/15)

ASUS、19年台湾スマホシェア13%目標(02/15)

デルタ、台湾高鉄のPISシステム受注(02/15)

デルタ、タイ関連会社の買収手続きへ(02/15)

日月光控股、1月売上高は前月比10.5%減(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

科技部、人工衛星を毎年1基打ち上げへ(02/15)

中鋼董事長、19年は「前年と同様に好成績も」(02/15)

台プラ4社の1月売上高、台塑が前年同月比増収(02/15)

18年の農産品輸出、20年来の最高に(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン