• 印刷する

成長期の新興企業への投資額、4年で2.5倍

インドネシアでスタートアップ企業の資金調達が活発化している。シンガポールに拠点を置く、東南アジアの新興デジタル市場を専門とするベンチャーキャピタル、セント・ベンチャーズによると、投資家が投資する段階である投資ラウンドは段階が下がる傾向にあり、下から3番目の「シリーズA」で資金調達する企業に対する投資額は、4年前に比べて1社当たり平均2.5倍に拡大した。11日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

「シリーズA」は、立ち上げ期を除く成長段階のスタートアップ企業が行う資金調達。

セント・ベンチャーズによると、「シリーズA」で資金調達する企業への投資額は、2014年の1社当たり平均180万米ドル(約1億9,800万円)から16年に260万米ドル、18年には450万米ドルに拡大した。

これまで大手投資家は、シリーズAの次の段階である「シリーズB」で投資するケースが多かったが、最近は起業前の「シード」あるいは会社設立直後の「アーリー」の段階から投資するケースも増えてきた。

インドネシアの代表的なスタートアップ企業としては、配車アプリサービスのゴジェック、電子商取引(EC)トコペディア、旅行サイトのトラベロカなどがある。ゴジェックの企業価値は100億米ドル以上とみられている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トヨタ販社が新アプリを発表 デジタル化拡大、非所有者も利用(12/06)

第一生命、経営者保険販売でりそな銀と提携(12/06)

再生可能エネ発電、25年に全体の23%へ(12/06)

外貨建て輸出入額の報告義務化、20年から(12/06)

ガルーダ航空社長を解任、バイク密輸か(12/06)

MRT、コタまで延伸すれば乗客数倍増(12/06)

国内線の航空運賃、月~木曜に3割減へ(12/06)

LRT東ブカシ駅の集合住宅、22年引き渡し(12/06)

国鉄南線延伸で5駅新設、日本製車両採用(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン