• 印刷する

テイクオフ:シンガポール湾岸部エリ…

シンガポール湾岸部エリアを中心に「iライト・シンガポール」が開催されている。象徴的な建築物やその周辺に設置されたオブジェなどをイルミネーションで飾ったイベントの一環で、金融街の摩天楼と共に幻想的な夜景空間を生み出している。

赤道直下のシンガポールで炎天下を散策するのは体力を消耗する。観光客ならいざ知らず、居住者としては重い腰が上がらない。ただ夜になると、多少蒸し暑いとはいえ、風もほどよく吹いて気持ちいい。街中のライトアップをイベントに仕立て上げ、夜間に人々を集めるのはなかなか良いアイデアではないか。

実際に足を運んでみると、観光客よりもシンガポール人とおぼしき人が多い。思い思いに写真を撮ったり、友人と集まってポーズを決めたり。一緒に行った友人に促され、こちらは「インスタ映え」な写真を撮る練習に精を出した。(薩)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

18年の固定資産投資は15%増 米企業の大型投資が押し上げ(02/15)

EUとのFTAなど、欧州議会が承認(02/15)

18年の世帯月収、名目で3%増の9293Sドル(02/15)

家電量販ノジマ、コーツアジアを子会社化(02/15)

ニッポンプラ、アジア各国に現法設立(02/15)

DBSと経営大、「持続可能性」促進で提携(02/15)

株価続伸、金融最大手DBSは0.3%高(02/15)

ジール、アクシオムSLと代理店契約(02/15)

シングテル、10~12月期は14%減益(02/15)

PMDsの規定違反、18年に616人摘発(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン