• 印刷する

テイクオフ:小さな島国のシンガポー…

小さな島国のシンガポールからは、簡単に「海外」に出掛けることができる。先日は初めて陸路で国境を越え、マレーシアのマラッカに足を伸ばしてみた。

バスに揺られて約4時間。心配した出入国審査での混雑もなく、想定よりも早く目的地に到着した。日本ではマラッカといえば、町よりも海峡の名として有名かもしれないが、日本にキリスト教を伝えた宣教師フランシスコ・ザビエルが滞在した地であるなど、日本とのゆかりも深い。ポルトガルやオランダ、英国による植民地時代の名残を残した世界遺産の街並みはいかにも「インスタ映え」しそうで、中心地のオランダ広場は多くの観光客でにぎわっていた。

第2次世界大戦中には日本軍に占領されていた時期もある。マラッカの丘に立つザビエル像を横目に、かつて各国の船が行き交ったであろう海峡を遠くに眺め、町の歴史に思いをはせた。(墺)


関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

在宅勤務義務化、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(05/14)

新規感染52人、市中は24人(14日)(05/14)

1~3月の企業景況感、大幅に改善(05/14)

シングテル、米子会社不振で多額の特損計上(05/14)

STエンジとテマセク、貨物機リースで提携(05/14)

香港との往来再開、高確率で延期=運輸相(05/14)

チャンギ空港と隣接商業施設、一般立入禁止(05/14)

在宅勤務義務・店内飲食禁止、16日から(05/14)

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(05/14)

ECラザダを公式パートナーに 大型セール、コロナ下での拡販へ(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン