19年度国家予算、両院議会がようやく承認

フィリピンの上下両院議会は8日午後、2019年度の国家予算を規定した一般歳出法案(GAB)を承認した。上院での法案可決が遅れ、中間選挙による閉会期間(9日~5月19日)直前までずれ込んだ。歳出額は政府案の3兆7,570億ペソ(約7兆9,100億円)から986億ペソ(2.6%)増えた…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】デジタル化・現地化を促進 東南アジア日系企業の変革(上)(10:58)

コロナ感染新たに714人、累計2万1340人(06/06)

FDI認可、コロナで36%減 1~3月、8四半期ぶり低水準(06/05)

21年度予算はコロナ対策重点、9%成長も(06/05)

コロナ感染新たに634人、累計2万382人(06/05)

外出制限の緩和拡大地域、基準修正で厳格に(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

職場のコロナ対策指針、違反企業には罰則(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン