• 印刷する

テイクオフ:主に中華系、マレー系、…

主に中華系、マレー系、インド系の国民で国家が形成されているシンガポールでは、各民族がそれぞれの正月を祝う。中でも国全体で盛大に祝われるのが旧正月(春節)。全国民の4分の3を中華系が占めるためで、この時期は街並みが中国色に染まる。

当地でも旧暦で亥(い)年の新年を迎えた。恒例のチャイナタウンの巨大オブジェをはじめ、あちこちでブタの飾り物が目に付く。亥年と言えばイノシシと思って育ってきた身としては少々違和感がぬぐえないが、これはもともと日本が異端らしい。えとが伝わってきた頃、日本ではまだブタになじみがなかったため、イノシシに変えたのだとか。

当地にはブタを忌避するマレー系のイスラム教徒も少なくないものの、えとに関してばかりは特にそうした配慮も必要ないようだ。中華圏でブタが多産多幸や富の象徴とされるように、実り多い1年となってほしい。(墺)


関連国・地域: 中国シンガポール日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの名物料理…(12/16)

航空産業集積や法整備で優位性 ビジネスジェットで存在感(下)(12/16)

グラブ、現代自と提携で来年からEV配車(12/16)

独系出前アプリが韓国1位買収、アジア攻略(12/16)

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(12/16)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(12/16)

投資公社GIC、欧州の物流不動産28軒を買収(12/16)

低硫黄船舶燃料の販売急増、規制強化控え(12/16)

新規車両登録、4カ月連続マイナス成長(12/16)

公共部門のデータ保護規制、民間と同水準へ(12/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン